スーパーウォール工法についてSW Method

トップページ > コンセプト > スーパーウォール工法について

スーパーウォールは、高性能なスーパーウォールパネルと高断熱サッシ、計画換気システムが生み出す、
高気密・高断熱・高耐震構造の住宅です。
「健康」「快適」「安心」「安全」を追求し、暮らしの質を最高水準にまで高め、理想的な住環境を実現します。

  • POINT01

    温熱環境

    夏涼しく、冬暖かく魔法瓶のような高い断熱性で
    家の中の温度差が少ない暮らし。

    冬のリビング、エアコンで暖かい室内も、「何となく寒い」「足下が冷える」「廊下やトイレは寒い」と感じることはないでしょうか。この温度差は、暮らしの快適性を損ねるだけではなく、ご家族の健康にも影響を及ぼします。そんな、家の中の温度差を少なくするには、住まいの気密・断熱性能を高めることが大切なのです。

住まいの断熱性能を高めると
家の中での温度差が少なくなります。

  • 建物全体の断熱性能を高めると、家の中の部屋ごとの温度差が少なくなります。省エネルギー基準レベルの家とスーパーウォールの家を比較してみると、リビングとトイレの温度差が10.3度から5.9度に、リビングと脱衣室(洗面所)の温度差は11.4度から7.2度へ改善。暖かなリビングから廊下や玄関へ出た時の不快なヒンヤリ感が軽減され、また、浴室やトイレにおけるヒートショックのリスク軽減にも繋がります。

  • POINT02

    空気環境

    健やかな空気を保つ計画換気システムで
    24時間、健やかな空気を保つ。

    近年は、PM2.5(微小粒子状物質)などによる大気汚染、カビ・ダニ、花粉といったアレルゲンの対策など、空気環境に注目が集まる中で、住まい全体の通風など、計画的な換気に目を向けることも必要です。室内の空気環境を清浄化することは、ご家族の健康のために重要なポイントです。

  • POINT03

    災害への備え

    災害から家族を守る地震・台風・竜巻など
    自然災害から家族を守る。

    南海トラフ地震や首都直下型地震など、巨大地震の発生が予測される近年、自然災害は地震ばかりではなく、大型台風や竜巻も頻発しています。ご家族や大切な財産を守るためには、住まい作りにおける災害への備えをさまざまな角度から行うことが求められているのです。

  • POINT04

    省エネ・創エネ

    かしこく暮らす省エネからゼロエネへ
    暮らしのエネルギーを家でつくる。

    国の省エネルギー施策では、2020年までに標準的な新築住宅で、さらに2030年までに新築住宅の平均でZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)にすることを目標として掲げています。これからの時代に求められるのは、省エネ+創エネによるゼロエネ住宅。スーパーウォールの家もこのテーマに積極的に取り組んでいます。

CONTACTお問い合わせ

お電話の際は「ホームページを見ました」
とお伝えください。

0263-47-7363

【受付時間】朝9:00〜夜6:00まで 
【定休日】日曜日

Follow me!

松本市で新築住宅・リフォーム・リノベーションをお考えの方はフルハタ建設へ。
キッチン、浴室(お風呂)、トイレ、洗面台などの水回りはもちろん、壁紙を変えたい、畳からフローリングに変えたい、収納を増やしたいなど家の中のリフォーム、外構、エクステリア、屋根、外壁などのリフォームもお任せください。