スタッフブログSTAFF BLOG

トップページ > ブログ > 一目で分かって出し入れしやすい!キッチン収納術

2022.06.21

一目で分かって出し入れしやすい!キッチン収納術

みなさんこんにちは。
長野県松本市の工務店、フルハタ建設です。

 

今回はキッチン収納についてお話します。細々とした道具や調味料などが多いキッチンは、分かりやすく・取り出しやすく収納することが大切。毎日の家事を少しでも短くスムーズに行うためにも、キッチンの収納方法はとても重要です。

 

基本的に、シンク下には水を使うものコンロ下には火を使うものを収納する、と覚えてください。
例えば茹でる・煮る・沸かすなどに使用する鍋・やかんはシンク下、フライパンなどはコンロの下、という風になります。「鍋やフライパン類は全てシンク下にまとめて収納している」というお家が多いかと思いますが、鍋ややかんは水を入れることを前提に考えると、シンク下にあったほうが動線が短く済みます。水を入れると重くもなるので、動線が短いほうが負担も軽くなります。

 

また、調味料はコンロ近くにあると便利です。料理中に味を見ながら足していく、という方も多いと思いますので、調味料が遠い場所にあると非常に不便になります。キッチンの種類やメーカーによっては、調味料専用の縦長の引き出しがついているものもあります。

 

食器類は、奥行き28〜30cm程度の棚があれば大抵のものが入ります。それより奥行きが深いと前後に食器を収納することになり、奥のものはあまり使わなくなってしまうことが多いです。そのため奥行きが深い場合は、普段あまり使わないものを奥にしまうことがポイントです。
料理や食器類が好きな方はついモノが増えてしまいがちですが、「大皿で取り分けるスタイルが多い」「一人何品ずつ作ることが多い」など、自分がどんな料理を作ることが多いのか、どんなお皿をよく使うかをよく考えて、要・不要を見極めてみましょう。

 

 

最近ではパントリーをつくりたい、という方も多いです。買い置き品や非常食などをしまっておくにはパントリーがあると便利ですが、食品には賞味期限があるため、必要以上に溜め込んでしまうのも良くありません。わざわざスペースを割いてつくるというより、キッチン近くにつくれる範囲でつくる、というほうがおすすめです。あまり広いと溜め込んでしまう傾向にあるので、自分が把握・管理できるくらいの大きさがベストです。
また、近年調理家電は増えている傾向にあるので、普段は使わない家電をしまっておく場所として、パントリーが有効なこともあります。

 

以上が基本的な収納術ですが、適したキッチン収納のつくり方は人それぞれ・家によってそれぞれです。当社には住まい方アドバイザーがおりますので、お困りでしたらぜひご相談ください♪

CONTACTお問い合わせ

お電話の際は「ホームページを見ました」
とお伝えください。

0263-47-7363

【受付時間】朝9:00〜夜6:00まで 
【定休日】日曜日

Follow me!

松本市で新築住宅・リフォーム・リノベーションをお考えの方はフルハタ建設へ。
キッチン、浴室(お風呂)、トイレ、洗面台などの水回りはもちろん、壁紙を変えたい、畳からフローリングに変えたい、収納を増やしたいなど家の中のリフォーム、外構、エクステリア、屋根、外壁などのリフォームもお任せください。